有識者も“軟禁”…安倍官邸「新元号」発表へ秘密保持の異様

公開日: 更新日:

 首相官邸に妨害電波について問い合わせると、「われわれ事務方は承知しておらず、何も答えようがない」(報道室)とのこと。誰の発案、指示かも不明なまま、盗聴防止の妨害電波が発信されるなんて、スパイ映画も真っ青。今の官邸は戦時下の秘密警察さながらではないか。

■選考過程は一切国民に知らせず

 新元号発表会見の菅長官も、首相談話発表時の安倍首相も「令和」の考案者や新元号案の数、意見聴取の場でどのような意見が出たのか――など、国民が知りたいであろう疑問を記者から投げかけられてもノーコメント。元号に込めた思いだけを一方的に押しつけ、選考過程はベールに閉ざしたまま。令和は国民に一切、決定プロセスを伏せた“密室”元号なのだ。

「国民主権と象徴天皇制を定めた現行憲法の施行から間もなく72年。いまだ元号制定の経緯すら国民に知らせない安倍政権の姿勢には違和感しかない。後世の検証に耐えられないだけでなく、『由らしむべし、知らしむべからず』という封建時代の発想すら感じます。驚いたのは発表直後から、NHKの女性解説委員が新元号の由来について、スラスラと答えていたこと。仮に政権側が距離の近い一部記者を選別し、事前に新元号に関する情報を漏らしていたとしたら、由々しきメディアコントロールです。特ダネを求め、特オチを恐れる他の記者たちも『彼女のようになりたい』と政権への忖度をさらに強めかねません」(聖学院大教授・石川裕一郎氏=憲法)

 元号制度は為政者が時間さえも支配するという考えに由来する。

 安倍首相は近代民主主義の原則に相反する“全能感”に酔いしれていそうで怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る