開発費1兆5000億円超 空自F2後継は国産初のステルス戦闘機

公開日: 更新日:

 政府は、航空自衛隊F2戦闘機の後継機の開発費用を2020年度予算案に計上する方針を固めたという。

 21日の読売新聞によると、後継機は国産初のステルス戦闘機とする案が有力。長距離巡航ミサイルを搭載する案もあり、約90機の配備を想定している。

 開発費は概算要求では金額を示さず、年末の予算編成までに金額を算定する。しかし、開発費の総額は現時点でも1兆5000億円以上にのぼる見込みだが、どれだけ膨らむか分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

  6. 6

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

  7. 7

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  8. 8

    新型コロナウイルスは性行為で感染するのか?

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    コロナ「首都封鎖」高齢者を直撃 法改正で道路遮断も可能

もっと見る