自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

公開日: 更新日:

 台風15号の直撃を受けた千葉県。県によると、先月30日時点で約2万2000棟の住宅が被災し、県内11カ所で、約50人が避難所生活を余儀なくされている。

 被災者が頭を痛めているのが倒壊した屋根だ。雨が降れば部屋に水が入り、家財を腐敗させ、カビを発生させる原因にもなるからだ。被災者は一刻も早く壊れた箇所をブルーシートで覆いたいものの、高所作業でもあるためままならない。そこで自衛隊の機動力が期待されるのだが、ナント!1日時点で、現場で活動する自衛隊員はゼロというのだ。

 仰天情報が判明したのは、1日の参院災害対策特別委。立憲民主会派の小西洋之議員が千葉県の被災家屋のブルーシート問題について質問すると、30日時点で県内にはブルーシート未設置家屋が1715軒あることが判明。さらに小西氏がブルーシート設置訓練を受け、即応可能な自衛隊員の数を尋ねたところ、防衛省の担当者は2000人と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    専門家に聞いた 首都圏・大阪のタワマン“水没危険”エリア

  10. 10

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る