政界に飛び火 原発マネー“還流”で関電が挙げた議員の名前

公開日: 更新日:

稲田朋美幹事長代行との関係性に“焦点”

 八木誠会長、岩根社長ともに「悪いのは森山氏」と言わんばかりだったが、まずかったのは、報告書に〈森山氏は、高浜町、福井県庁、福井県議会および国会議員に広い人脈を有して(いた)〉と記載したことだ。

 森山氏のバックにいる大物をわざわざほのめかした格好だが、報道陣からはすぐさま「国会議員とは誰か」と質問が飛んだ。「森山氏が筆頭株主の警備会社『オーイング』の関連会社『アイビックス』の吉田(敏貢)社長が、稲田朋美衆院議員(福井1区)の後援会長だった。両社とも稲田議員に献金している」と事実を示した上で、今回の一件と稲田氏の関係性を追及したのだ。岩根社長は再度、「あくまで伝聞。固有名詞までは確認していない」とポツリ。

 そこで日刊ゲンダイも、稲田氏が代表を務める政党支部の収支報告書をチェックした。アイビックスからは11~13年に毎年36万円、15、16年に同12万円の献金を受け、オーイングからは11~13年で、毎年12万円を受領していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  8. 8

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  9. 9

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  10. 10

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

もっと見る