文科省が除外検討 国公立大に「国語記述式問題を使うな」

公開日: 更新日:

 2020年度に始まる大学入学共通テストで、文科省が国公立大の2次試験で2段階選抜を行う際の判断材料として、国語の記述式問題の成績を使用しないよう要請する検討に入った。13日、文科省関係者への取材で分かった。

 大学入試センターが18年に実施した試行調査では、国語の記述式問題の自己採点と実際の採点結果との一致率は66・0~70・7%にとどまった。

 こうした中、文科省は自己採点と実際の採点結果の不一致による出願ミスを避けるため、2段階選抜では国語の記述式問題の成績を反映させない方が良いと判断したとみられる。2段階選抜は、合格可能性が低い受験生を2次試験に進む前に「門前払い」する制度。

 記述式問題をめぐっては、受験生による自己採点と実際の点数との乖離が大きく、志望校選びにも影響が出るとの懸念が広がっているが、文科省自体が記述式問題の採点の質や公平性に不備があると認めた形だ。教育現場では「だったら、やめればいいのに……」との声も上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  7. 7

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る