“ICT能力”必須の「マイナポイント」は税金ムダ使いの愚策

公開日: 更新日:

 鼻先にニンジンをぶら下げたつもりか――。

 政府は19日、マイナンバーカードを活用した新たなポイント還元事業の方針を固めた。最大2万円までのキャッシュレス決済や入金に5000円分のポイント(マイナポイント)を還元する、かなり“お得”なサービスを検討しているのだが、国民から「税金のムダ」との声が続出。出はなをくじかれた格好となっている。

 政府は事業開始を来年9月と想定。JR東日本の「Suica」やイオンの「WAON」などの電子マネーサービスのほか、「LINEペイ」や「ペイペイ」といったスマホ決済サービスを展開する計12業者が参加する意向を示している。

 政府の狙いは14%にとどまるマイナンバーカードの普及率を上げることだが、問題はカード取得からポイント還元までの手続きの煩雑さである。そもそも、カードの申請から手元に届くまでおよそ1カ月かかる上に、その後の手順も厄介なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る