両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

公開日: 更新日:

「その日の食事にありつけなかったり寝床に困って路頭に迷うヤクザが必ず出てくるでしょうね。『極道に同情する必要なんてない』と言う人もいますが、彼らだって人間です。警察庁もわざわざこの寒い時季に処分を決めなくてもよかったのでは」

 こう語るのは、暴力団に詳しい元兵庫県警の飛松五男氏だ。10月中旬に6代目山口組のナンバー2、高山清司若頭が出所。11月27日には兵庫県尼崎市で神戸山口組の幹部が射殺された。こうした緊迫事態を受け、警察当局は年内にも両組織を「特定抗争指定暴力団」に指定する方向で検討を進めている。

「特定抗争指定暴力団に指定されると『警戒区域』内に5人以上で集まることや、組事務所の使用が禁止されます。違反した組員は直ちに逮捕されます。26日以降に両組織が拠点を置く愛知県名古屋市、岐阜県岐阜市、三重県桑名市、京都府京都市、兵庫県神戸市・尼崎市・淡路市などが『警戒区域』に指定されていくとみられています」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る