組織委・森会長にも2年は酷か 東京五輪の気になる延期時期

公開日: 更新日:

 本人もそう思っているのではないか。

 国際オリンピック委員会(IOC)は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、東京五輪について延期を含めた検討に入るや、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)は22日午後10時前(日本時間)、バッハ会長とテレビ会議を行ったことを23日の会見で明らかにした。

 会議で合意したことは次の2点だという。

「中止は一切議論しないこと。双方で今後何ができるか、どうするのか議論して考え方をまとめる」

「最初から延長(延期)ではないが、延長についても議論しないわけにはいかない。4週間かけてシナリオを作り上げる」

 新型コロナウイルスが世界に蔓延。各国の五輪委員会、競技団体、アスリートから批判が続出。予定通り7月開幕にこだわるバッハ会長も、ようやく開催延期に動き出したわけだが、そうなると一番の問題は延期開催の時期である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る