組織委・森会長にも2年は酷か 東京五輪の気になる延期時期

公開日: 更新日:

 本人もそう思っているのではないか。

 国際オリンピック委員会(IOC)は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、東京五輪について延期を含めた検討に入るや、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)は22日午後10時前(日本時間)、バッハ会長とテレビ会議を行ったことを23日の会見で明らかにした。

 会議で合意したことは次の2点だという。

「中止は一切議論しないこと。双方で今後何ができるか、どうするのか議論して考え方をまとめる」

「最初から延長(延期)ではないが、延長についても議論しないわけにはいかない。4週間かけてシナリオを作り上げる」

 新型コロナウイルスが世界に蔓延。各国の五輪委員会、競技団体、アスリートから批判が続出。予定通り7月開幕にこだわるバッハ会長も、ようやく開催延期に動き出したわけだが、そうなると一番の問題は延期開催の時期である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る