江戸川“叩き上げ”区長の決断力 またも独自コロナ対策発表

公開日: 更新日:

 江戸川区は28日、高齢者施設や小中学校で働く全ての人々に、PCR検査を無料で実施することを発表した。

 対象は区内の高齢者・障害者施設の職員や幼稚園・保育所・小中学校で子どもたちに接する教職員。検査用のバス1台が区内の約1800施設を回り、来年3月31日まで実施する。

 厚労省の規定では、濃厚接触者以外は約3万円のPCR検査代を自費で負担させられる。当然、検査は広まらない。そこで江戸川区は検査機会を拡張し、クラスター発生や高齢者の重症化リスクを抑え、区民も職員も安心して過ごせるようにと無料実施を企画。予算は約6800万円で区が全額負担する。

 かねて江戸川区はコロナ対策に熱心で、4月にはドライブスルー方式のPCR検査を都内で初めて取り入れた。7月には介護施設内でのクラスター発生や、職員の感染で人手不足に陥るケースに備え、異なる法人間であっても“ヘルプ職員”を出し合える制度を、全国で初めて導入している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る