保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。本連載「日本史 縦横無尽」が新書版「陰謀の日本近現代史」(朝日新聞出版)として好評発売中。

蒋介石が拠点とした重慶に日本軍は無差別爆撃を加えた

公開日: 更新日:
爆撃を受けた重慶(1939年5月15日)/(C)共同通信社

 日中戦争での日本軍の侵攻は、確かに勢いがあり、中国軍は自分たちの国の弱体ぶりを痛いほど知らされた。昭和13(1938)年5月に徐州を制圧し、6月には安慶が、そして10月には広東が制圧された。そのあとは武漢三鎮に日本軍は大量の部隊を送り込み、戦闘そのものはまさに日本軍がどこでも圧…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  6. 6

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

もっと見る