小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著)

下村政調会長新刊は「不快度世界一」の間違いではないか

公開日: 更新日:

 自民党の下村政調会長が「GDW興国論 幸福度世界一の国へ」と題する著書を出版するという予告記事を読んだ。いわく、「世界では『経済』から『幸福度』重視へと潮流が変わりつつある」「『たくさんお金を稼いでたくさん物を買うのが幸せ』という物質社会は過去のもので、改めて、健康やすらぎといった個々の人生百年を考える時期に入っているのではないだろうか」。

「幸福の国」と言えばブータンが有名である。現地に行って理解できた。要するに、「経済的には貧しいが、皆で『足るを知れば』幸せだ」という国策であった。経済的には昭和30年代(1955年~)の日本のようで、道路はほとんど舗装されておらず、夜は暗闇で、交通信号機はなかったが事故が起きるほどの車は走っていなかった。

 しかし、公式の統計では国民の過半数が「幸福」だとのことであった。それには明確な理由がある。仏教立国で、国策として「格差をつくらない」努力をしていた。特に医療と教育に国家予算を集中的に投入していた。また、中央省庁はプレハブのような建物で執務しており、総選挙のたびに政権交代が起きる。だから、政治家は、権力者面をしておらず、私生活も質素であった。しかし最近、外国人観光客相手で富を得た人々が格差をつくりさまざまな軋轢が生じているのも事実で、他国から援助をもらう「微笑み」外交の効果も落ちてきたように見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る