6代目山口組vs神戸山口組…特殊詐欺で“呉越同舟”の裏事情

公開日: 更新日:

 対立抗争が激化している特定抗争指定暴力団「6代目山口組」と「神戸山口組」の組員が、「シノギ」を得るために結託していた――。

 昨年5~6月、千葉県の70代女性からキャッシュカード4枚をダマし取り、約316万円を引き出した詐欺事件で、大阪府警捜査2課は10日、逃走している特殊詐欺グループのナンバー2、中村淳之介容疑者(27=住所、職業不詳)を詐欺と窃盗の疑いで指名手配した。

 中村容疑者は既に詐欺容疑で逮捕されたリーダーの6代目山口組系組員、深井流容疑者(32)と同じ組関係者とみられ、深井容疑者に指示され、「統括役」として名簿の手配やSIMカードの調達、報酬の分配を担当していた。

「深井容疑者はイケイケの武闘派、静岡の後藤組の流れをくむ良知2代目政竜会の極道や。ヤツらはアジトにウサンくさい連中が出入りして怪しまれんように、マンスリーで“箱”を借りとった。足がつかんよう借り主になってくれる名義人を集めたり、箱を探したり、名簿や携帯電話の提供など、各種インフラの手配をしとった。グループの下には『かけ子グループ』がいくつもあって、まずは深井容疑者や中村容疑者がお膳立てをして、仕事を発注しとったちゅうわけや」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る