• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島・大竹 FA巨人入りを迷わせる杉内の“存在”

 巨人の原辰徳監督(55)が新たに来季からの2年契約を結んだ。8日に渡辺恒雄球団会長(87)ら球団幹部にシーズンの報告を行った指揮官は、「2年契約でまた指揮を執らせていただくことになった。補強? そうですね。GMにこちらの要望は伝える必要がある」と話した。渡辺会長は先日、「来年はあらゆる補強をして勝つ」と大号令を出している。トップのお墨付きを得て、ターゲットに絞ったのは、今季10勝10敗の広島・大竹寛(30)である。

 大竹は広島とすでに3度の交渉を行っているが態度を保留中。チーム内では「巨人へ移籍する」とみている関係者が多いという。埼玉の浦和学院出身で在京志向。巨人の条件やステータスに引かれる一方で、広島とは比べものにならない荒波に揉まれる覚悟はまだできていないともいわれる。広島の球団関係者も心配する。

「優しい性格。人がいいからオーナーにも気に入られている。広島に残れば、引退後もコーチにはなるだろうから安泰です。一方、巨人で勝負したい気持ちも捨て切れない。2年前にソフトバンクから巨人へFA移籍した杉内がチーム内でどういう立場にいるのか。知り合いを通じて情報を集めているみたい。実績抜群で三顧の礼で迎えられた杉内でさえ、少し勝てないと、たった2年で微妙な立場に追い込まれてしまうのが巨人の厳しさ。人がいい大竹は、今の杉内を見てなかなか決断できないみたい。楽天なども興味を示しているようですが、大竹の中では広島か巨人の2択。でも、流出の可能性が高いとみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る