日本球界から引く手あまたも…川崎宗則は「メジャー一択」

公開日:  更新日:

 ブルージェイズが来季オプションを行使せず、FAとなったのが川崎宗則(32)。

 すでに帰国した川崎の元には、日本の複数のプロ球団から公式、非公式を問わずオファーが届いているという。

「古巣のソフトバンクや阪神などが、球団OBや関係者を通じて『ウチにこないか』と打診していると聞いています」(マスコミ関係者)

 メジャー挑戦直前の2011年、ソフトバンクでの年俸は2億4000万円だったから、日本球界入りなら億単位のカネがフトコロに入るとはいえ、「本人の希望はあくまでメジャー優先です」と前出の関係者がこう続ける。

「川崎のブルージェイズ時代の年俸は約6250万円ですから、カネよりメジャーでのプレーや生活が楽しくて仕方ないのですよ。もっとも、メジャーでは内野の控えという扱い。来季の契約を行使しなかったブルージェイズも含めて需要はあるでしょうけど、年俸はさらに安くなるかもしれないし、契約は越年という可能性も出てきます」

 そのころには日本球界の内野陣も軒並み整備され、退路はふさがれているかもしれない。それでも川崎はメジャーを選択するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る