日本球界から引く手あまたも…川崎宗則は「メジャー一択」

公開日: 更新日:

 ブルージェイズが来季オプションを行使せず、FAとなったのが川崎宗則(32)。

 すでに帰国した川崎の元には、日本の複数のプロ球団から公式、非公式を問わずオファーが届いているという。

「古巣のソフトバンク阪神などが、球団OBや関係者を通じて『ウチにこないか』と打診していると聞いています」(マスコミ関係者)

 メジャー挑戦直前の2011年、ソフトバンクでの年俸は2億4000万円だったから、日本球界入りなら億単位のカネがフトコロに入るとはいえ、「本人の希望はあくまでメジャー優先です」と前出の関係者がこう続ける。

「川崎のブルージェイズ時代の年俸は約6250万円ですから、カネよりメジャーでのプレーや生活が楽しくて仕方ないのですよ。もっとも、メジャーでは内野の控えという扱い。来季の契約を行使しなかったブルージェイズも含めて需要はあるでしょうけど、年俸はさらに安くなるかもしれないし、契約は越年という可能性も出てきます」

 そのころには日本球界の内野陣も軒並み整備され、退路はふさがれているかもしれない。それでも川崎はメジャーを選択するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る