広島・大竹に移籍決意させたマエケンの去就と右肩の弱点

公開日: 更新日:

 その日を見据えての「決断」なのだろう。

 広島大竹寛(30)が12日、球団との交渉を経て正式にFA権の行使を表明。「カープ(残留)も含めて考えたい」と前置きしたうえで、「他球団の話も聞いてみたい」と、移籍に前向きであることを明かした。

 今季は10勝(10敗)をマーク。2年連続2ケタ勝利を収めたことから、楽天ソフトバンクなどが獲得に乗り出すとみられている。この日、大竹の獲得について質問された巨人・原沢球団代表も「ドラフトで即戦力を獲得できなかったことを考えると、(先発の)穴を埋めていく候補になる」と話している。広島を飛び出せば条件は良くなるだけに、移籍に踏み切る可能性は高いのだが、理由は「カネ」だけではないという。同僚・前田健の「去就」も絡んでいるようだ。

 今季、15勝(7敗)を挙げた前田は、早ければ来オフにもポスティングシステムでのメジャー移籍がウワサされている。広島は今年16年ぶりの3位で、来季以降はリーグ優勝が目標となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る