• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島・大竹に移籍決意させたマエケンの去就と右肩の弱点

 その日を見据えての「決断」なのだろう。

 広島の大竹寛(30)が12日、球団との交渉を経て正式にFA権の行使を表明。「カープ(残留)も含めて考えたい」と前置きしたうえで、「他球団の話も聞いてみたい」と、移籍に前向きであることを明かした。

 今季は10勝(10敗)をマーク。2年連続2ケタ勝利を収めたことから、楽天、ソフトバンクなどが獲得に乗り出すとみられている。この日、大竹の獲得について質問された巨人・原沢球団代表も「ドラフトで即戦力を獲得できなかったことを考えると、(先発の)穴を埋めていく候補になる」と話している。広島を飛び出せば条件は良くなるだけに、移籍に踏み切る可能性は高いのだが、理由は「カネ」だけではないという。同僚・前田健の「去就」も絡んでいるようだ。

 今季、15勝(7敗)を挙げた前田は、早ければ来オフにもポスティングシステムでのメジャー移籍がウワサされている。広島は今年16年ぶりの3位で、来季以降はリーグ優勝が目標となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る