広島・大竹に移籍決意させたマエケンの去就と右肩の弱点

公開日: 更新日:

 その日を見据えての「決断」なのだろう。

 広島大竹寛(30)が12日、球団との交渉を経て正式にFA権の行使を表明。「カープ(残留)も含めて考えたい」と前置きしたうえで、「他球団の話も聞いてみたい」と、移籍に前向きであることを明かした。

 今季は10勝(10敗)をマーク。2年連続2ケタ勝利を収めたことから、楽天ソフトバンクなどが獲得に乗り出すとみられている。この日、大竹の獲得について質問された巨人・原沢球団代表も「ドラフトで即戦力を獲得できなかったことを考えると、(先発の)穴を埋めていく候補になる」と話している。広島を飛び出せば条件は良くなるだけに、移籍に踏み切る可能性は高いのだが、理由は「カネ」だけではないという。同僚・前田健の「去就」も絡んでいるようだ。

 今季、15勝(7敗)を挙げた前田は、早ければ来オフにもポスティングシステムでのメジャー移籍がウワサされている。広島は今年16年ぶりの3位で、来季以降はリーグ優勝が目標となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る