広島・大竹に移籍決意させたマエケンの去就と右肩の弱点

公開日:  更新日:

 その日を見据えての「決断」なのだろう。

 広島の大竹寛(30)が12日、球団との交渉を経て正式にFA権の行使を表明。「カープ(残留)も含めて考えたい」と前置きしたうえで、「他球団の話も聞いてみたい」と、移籍に前向きであることを明かした。

 今季は10勝(10敗)をマーク。2年連続2ケタ勝利を収めたことから、楽天、ソフトバンクなどが獲得に乗り出すとみられている。この日、大竹の獲得について質問された巨人・原沢球団代表も「ドラフトで即戦力を獲得できなかったことを考えると、(先発の)穴を埋めていく候補になる」と話している。広島を飛び出せば条件は良くなるだけに、移籍に踏み切る可能性は高いのだが、理由は「カネ」だけではないという。同僚・前田健の「去就」も絡んでいるようだ。

 今季、15勝(7敗)を挙げた前田は、早ければ来オフにもポスティングシステムでのメジャー移籍がウワサされている。広島は今年16年ぶりの3位で、来季以降はリーグ優勝が目標となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る