那須川の「大言壮語」にガックリ…陸連判断は正しかった

公開日:  更新日:

<横浜国際女子マラソン>

 なんとも情けない「4位」に終わったのが、横浜国際女子マラソンの那須川瑞穂(33)。昨年の同大会では日本人最高の2位でフィニッシュ。それでも2時間26分42秒の平凡なタイムと消極的なレース運びから、今年8月の世界選手権(モスクワ)代表から漏れた。

 今大会は来年9月に行われるアジア大会(韓国・仁川)のキップがかかる。スタート前には、「ラスト勝負になれば一発でスパートを決めて、昨年の自分を超えるタイムを出したい」と強気だったが、レース内容にはがっかりさせられた。

 25キロまでは先頭の野尻あずさ(31)に併走するもその後はズルズル後退。26キロ過ぎにはマヨロワ(36=ロシア)に抜かれ、36キロ過ぎからはアウグスト(32=ポルトガル)の背中を見ることに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る