那須川の「大言壮語」にガックリ…陸連判断は正しかった

公開日:  更新日:

<横浜国際女子マラソン>

 なんとも情けない「4位」に終わったのが、横浜国際女子マラソンの那須川瑞穂(33)。昨年の同大会では日本人最高の2位でフィニッシュ。それでも2時間26分42秒の平凡なタイムと消極的なレース運びから、今年8月の世界選手権(モスクワ)代表から漏れた。

 今大会は来年9月に行われるアジア大会(韓国・仁川)のキップがかかる。スタート前には、「ラスト勝負になれば一発でスパートを決めて、昨年の自分を超えるタイムを出したい」と強気だったが、レース内容にはがっかりさせられた。

 25キロまでは先頭の野尻あずさ(31)に併走するもその後はズルズル後退。26キロ過ぎにはマヨロワ(36=ロシア)に抜かれ、36キロ過ぎからはアウグスト(32=ポルトガル)の背中を見ることに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る