IOC新会長が来日 JOCと東京都が恐れる“最終査定”

公開日:  更新日:

 単なる表敬訪問ではなさそうだ。今年9月に国際オリンピック委員会(IOC)のトップに就任したトーマス・バッハ会長(59)が、20日来日。夜には日本オリンピック委員会(JOC)、政財界、スポンサー関係者との懇談が予定されている。

 ジャック・ロゲ前会長が在任中に北京やロンドンを訪問したように、IOC会長が視察を兼ねて開催都市に足を運ぶのは恒例行事だ。開催地の五輪組織委員会関係者と親睦を図ったり、施設整備の進捗状況のヒアリングなどを行うという。

 9月のIOC総会で2020年の東京開催が決まったとはいえ、依然として日本が抱える放射能問題を懸念する声は少なくない。今回、バッハ新会長からはあらためて安全性について問われるとみられる。

 仮に問題ありと判断されても、現時点では開催を返上する事態には発展しない。IOCは日本の汚染状況を開幕前年まで見極める。そこでもしも「NO」と言われたら東京は莫大な補償費用を請求されるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る