IOC新会長が来日 JOCと東京都が恐れる“最終査定”

公開日: 更新日:

 単なる表敬訪問ではなさそうだ。今年9月に国際オリンピック委員会(IOC)のトップに就任したトーマス・バッハ会長(59)が、20日来日。夜には日本オリンピック委員会(JOC)、政財界、スポンサー関係者との懇談が予定されている。

 ジャック・ロゲ前会長が在任中に北京やロンドンを訪問したように、IOC会長が視察を兼ねて開催都市に足を運ぶのは恒例行事だ。開催地の五輪組織委員会関係者と親睦を図ったり、施設整備の進捗状況のヒアリングなどを行うという。

 9月のIOC総会で2020年の東京開催が決まったとはいえ、依然として日本が抱える放射能問題を懸念する声は少なくない。今回、バッハ新会長からはあらためて安全性について問われるとみられる。

 仮に問題ありと判断されても、現時点では開催を返上する事態には発展しない。IOCは日本の汚染状況を開幕前年まで見極める。そこでもしも「NO」と言われたら東京は莫大な補償費用を請求されるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る