IOC新会長が来日 JOCと東京都が恐れる“最終査定”

公開日: 更新日:

 単なる表敬訪問ではなさそうだ。今年9月に国際オリンピック委員会(IOC)のトップに就任したトーマス・バッハ会長(59)が、20日来日。夜には日本オリンピック委員会(JOC)、政財界、スポンサー関係者との懇談が予定されている。

 ジャック・ロゲ前会長が在任中に北京やロンドンを訪問したように、IOC会長が視察を兼ねて開催都市に足を運ぶのは恒例行事だ。開催地の五輪組織委員会関係者と親睦を図ったり、施設整備の進捗状況のヒアリングなどを行うという。

 9月のIOC総会で2020年の東京開催が決まったとはいえ、依然として日本が抱える放射能問題を懸念する声は少なくない。今回、バッハ新会長からはあらためて安全性について問われるとみられる。

 仮に問題ありと判断されても、現時点では開催を返上する事態には発展しない。IOCは日本の汚染状況を開幕前年まで見極める。そこでもしも「NO」と言われたら東京は莫大な補償費用を請求されるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る