IOC新会長が来日 JOCと東京都が恐れる“最終査定”

公開日:  更新日:

 単なる表敬訪問ではなさそうだ。今年9月に国際オリンピック委員会(IOC)のトップに就任したトーマス・バッハ会長(59)が、20日来日。夜には日本オリンピック委員会(JOC)、政財界、スポンサー関係者との懇談が予定されている。

 ジャック・ロゲ前会長が在任中に北京やロンドンを訪問したように、IOC会長が視察を兼ねて開催都市に足を運ぶのは恒例行事だ。開催地の五輪組織委員会関係者と親睦を図ったり、施設整備の進捗状況のヒアリングなどを行うという。

 9月のIOC総会で2020年の東京開催が決まったとはいえ、依然として日本が抱える放射能問題を懸念する声は少なくない。今回、バッハ新会長からはあらためて安全性について問われるとみられる。

 仮に問題ありと判断されても、現時点では開催を返上する事態には発展しない。IOCは日本の汚染状況を開幕前年まで見極める。そこでもしも「NO」と言われたら東京は莫大な補償費用を請求されるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る