• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・伊原体制では用なし? スタメン落ちが危ぶまれる打点王・浅村

 ネックは「新監督」だ。

 今季、パの打点王に輝いた西武の浅村栄斗(22)は、高卒5年目にしてシーズン中に「4番・一塁」に定着。打率.317、27本塁打、110打点の成績で、初タイトルを獲得した。そんな打点王が来季、守る場所に困っている。

 ある選手が言う。
「コーチ陣からは<とりあえず、今のところは三塁守備の練習をしとけ>と言われているようだけど……。浅村本人も納得がいかないのか、不承不承といった感じだった」

 来季は左ヒザをケガしていた主砲の中村が戦列に復帰する。もともと、西武の「4番・一塁」は中村。浅村は代役に過ぎなかった。かといって、本職の遊撃には戻れない。

「伊原監督は守備重視の選手起用をする。ミスを減らして守り勝つ、黄金時代のような野球を目指している。浅村は守備範囲が広く、動きも悪くはないが、いかんせんイージーミスが多い。中でも悪送球だね。簡単な打球でも、見当違いのところに投げることがしばしばで、渡辺監督(現SD)も浅村の送球難にはサジを投げていた。伊原監督はそうしたポカを何よりも嫌う。遊撃には永江や金子といった守備上手がいるから、浅村の出番はない」(前出の選手)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る