西武・伊原体制では用なし? スタメン落ちが危ぶまれる打点王・浅村

公開日:  更新日:

 ネックは「新監督」だ。

 今季、パの打点王に輝いた西武の浅村栄斗(22)は、高卒5年目にしてシーズン中に「4番・一塁」に定着。打率.317、27本塁打、110打点の成績で、初タイトルを獲得した。そんな打点王が来季、守る場所に困っている。

 ある選手が言う。
「コーチ陣からは<とりあえず、今のところは三塁守備の練習をしとけ>と言われているようだけど……。浅村本人も納得がいかないのか、不承不承といった感じだった」

 来季は左ヒザをケガしていた主砲の中村が戦列に復帰する。もともと、西武の「4番・一塁」は中村。浅村は代役に過ぎなかった。かといって、本職の遊撃には戻れない。

「伊原監督は守備重視の選手起用をする。ミスを減らして守り勝つ、黄金時代のような野球を目指している。浅村は守備範囲が広く、動きも悪くはないが、いかんせんイージーミスが多い。中でも悪送球だね。簡単な打球でも、見当違いのところに投げることがしばしばで、渡辺監督(現SD)も浅村の送球難にはサジを投げていた。伊原監督はそうしたポカを何よりも嫌う。遊撃には永江や金子といった守備上手がいるから、浅村の出番はない」(前出の選手)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る