西武・伊原体制では用なし? スタメン落ちが危ぶまれる打点王・浅村

公開日: 更新日:

 ネックは「新監督」だ。

 今季、パの打点王に輝いた西武浅村栄斗(22)は、高卒5年目にしてシーズン中に「4番・一塁」に定着。打率.317、27本塁打、110打点の成績で、初タイトルを獲得した。そんな打点王が来季、守る場所に困っている。

 ある選手が言う。
「コーチ陣からは<とりあえず、今のところは三塁守備の練習をしとけ>と言われているようだけど……。浅村本人も納得がいかないのか、不承不承といった感じだった」

 来季は左ヒザをケガしていた主砲の中村が戦列に復帰する。もともと、西武の「4番・一塁」は中村。浅村は代役に過ぎなかった。かといって、本職の遊撃には戻れない。

「伊原監督は守備重視の選手起用をする。ミスを減らして守り勝つ、黄金時代のような野球を目指している。浅村は守備範囲が広く、動きも悪くはないが、いかんせんイージーミスが多い。中でも悪送球だね。簡単な打球でも、見当違いのところに投げることがしばしばで、渡辺監督(現SD)も浅村の送球難にはサジを投げていた。伊原監督はそうしたポカを何よりも嫌う。遊撃には永江や金子といった守備上手がいるから、浅村の出番はない」(前出の選手)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る