師匠にあやかっても出世できない 気になる「遠藤」の新四股名

公開日:  更新日:

 たかが四股名、されど四股名だ。

 大相撲九州場所12日目、遠藤(23)は栃乃若に寄り倒され7敗目を喫した(5勝)。左足首の剥離骨折も意に介さず、後半戦もなんとか健闘している。

 期待の若手とあって、人気もうなぎ上り。館内の歓声は両横綱をしのぐほどだ。それだけに相撲ファンは、本名の「遠藤」からどんな四股名に改名するのかと興味津々だろう。

 本来ならば、十両昇進時に新四股名を付ける予定だったが、デビューわずか2場所で幕下を通過。あまりの昇進の早さに、追手風親方(元幕内大翔山)も四股名の準備が出来なかったほどだ。十両に上がったのは今年の7月場所。あれから4カ月とあって、すでに改名の準備はしているのか。

「すぐに、ということはないでしょう」とは、ある相撲記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る