FA大竹獲得の巨人 プロテクト漏れの“犠牲者”は誰だ?

公開日:  更新日:

 広島からFA宣言している大竹寛(30)の巨人移籍が決定的となったことで、巨人の球団内ではその先の話題で盛り上がっている。

 大竹の今季の年俸は1億円。Aランクのため、人か金、あるいはその両方の補償が発生する。広島が「人」を選択すれば、巨人側から提出された新人、外国人、育成を除く28人のプロテクトから外れた選手を1人獲得できる。漏れる選手は誰か、広島は誰を取るのか。この日からオフに入った当落選上の巨人の選手も気が気じゃない。

■人的補償のプロテクト28人から漏れるのは…

 28人のリスト作成は意外に難しい。主力はもちろん、入団2年目などの若手選手もプロテクトするのが普通。現段階では戦力でなくても、10代の選手をリストから外し、もし取られるようなことになれば、ドラフトで獲得した責任を問われかねない。だから、実績を残した中堅選手が外れることがよくあるのだ。特に巨人は戦力の宝庫。出場機会に恵まれない好素材がゴロゴロいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る