FA大竹獲得の巨人 プロテクト漏れの“犠牲者”は誰だ?

公開日: 更新日:

 広島からFA宣言している大竹寛(30)の巨人移籍が決定的となったことで、巨人の球団内ではその先の話題で盛り上がっている。

 大竹の今季の年俸は1億円。Aランクのため、人か金、あるいはその両方の補償が発生する。広島が「人」を選択すれば、巨人側から提出された新人、外国人、育成を除く28人のプロテクトから外れた選手を1人獲得できる。漏れる選手は誰か、広島は誰を取るのか。この日からオフに入った当落選上の巨人の選手も気が気じゃない。

■人的補償のプロテクト28人から漏れるのは…

 28人のリスト作成は意外に難しい。主力はもちろん、入団2年目などの若手選手もプロテクトするのが普通。現段階では戦力でなくても、10代の選手をリストから外し、もし取られるようなことになれば、ドラフトで獲得した責任を問われかねない。だから、実績を残した中堅選手が外れることがよくあるのだ。特に巨人は戦力の宝庫。出場機会に恵まれない好素材がゴロゴロいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  5. 5

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る