巨人ドラ2和田恋を陰で支えた 母の「二重生活6年間」

公開日: 更新日:

和田恋巨人 内野手)

 恋は「れん」と読む。
「みんなから好かれるように」と両親が名付けた。

 母の奈津子さん(46)は学生時代、バレーボールに打ち込んだ。高知・嶺北高で県大会ベスト8。168センチの長身を生かし、エースアタッカーを務めた。

 兄の涼さん(22)も高知高野球部出身。投手兼外野手だった。現巨人の公文克彦らと2年夏、3年夏の甲子園に出場。立命館大(4年)に進学し、野球を続けた。来春から大手石油会社への就職が内定している。身長は190センチと大柄だ。

「息子2人の身長が高いのは私譲り。恋の肩が強いのは父親譲りかな。父親も肩が強かったみたいです」(奈津子さん)

 父・博人さん(48)も高知高野球部OB。身長は170センチだが、肩の強さを生かし、投手などで鳴らした。現在は土佐町で3代続く建設会社を経営。隣にある自宅で暮らしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  5. 5

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  8. 8

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  9. 9

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  10. 10

    株価は高値の22分の1「いきなり!ステーキ」大暴落の元凶

もっと見る