強豪国がウワサ 「日本が入ると“死の組”になる」は本当か

公開日: 更新日:

■勢力地図変わる

 あまりにも過分なお褒めをいただき、お尻がむずがゆいような感覚に襲われ、どうにもこうにも落ち着かない――。これが日本のサッカー関係者の偽らざる本音だろう。

 W杯出場32カ国が決まり、来月6日に開催地ブラジルで1次リーグの組み合わせ抽選会(日本時間7日午前1時開始)が行われる。そこで「日本の入った組が《死の組》と呼ばれる」と強豪国のサッカー関係者が口をそろえる。日本は強豪国のひとつに数えられているというワケなのだ。

 抽選方法は「開催国ブラジルと世界ランク上位7カ国」が第1ポットに入り、「アジアと北中米カリブ海の各4カ国」が第2ポットに、「アフリカ5カ国に南米2カ国」が第3ポットに、そして「欧州」が第4ポットに入る。注目は「世界ランク欧州最下位」のフランスだ。第3ポットに入ることが想定され、そうなると第1ポット・ブラジル、第3ポット・フランス、第4ポット・イタリアのW杯優勝国が呉越同舟の可能性も出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る