阪神ドラ4梅野隆太郎を“男手一つ”で育てた父親の奮闘

公開日: 更新日:

 ドラフト阪神から4位指名された10月24日の夜、梅野は福岡市内の自宅に帰ると、母・啓子さんの仏前で手を合わせた。

「プロ入りが決まりました」

 父の義隆さん(48)は長男の姿を見て、「おまえ、大人になったな」と声をかけた。梅野は「当たり前やろ」と笑った。
「うれしかったですね。プロに入ることになって、そのケジメじゃないですが、お母さんにきちんと報告しましてね」(義隆さん)

 義隆さんにとって、息子のプロ入りは亡くなった啓子さん(享年34)との夢だった。

 梅野は小学4年の時、啓子さんをがんで亡くした。闘病生活の間、義隆さんはリトルの試合が終わると、ユニホームを着たまま、梅野と2歳下の弟・啓さん(20)を連れ、3人で見舞った。義隆さんは梅野が所属していた片縄ビクトリーでコーチをしていた。梅野は、その日のプレーのこと、活躍したことを母に報告するのが楽しみだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る