• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

柔道GS好発進の裏で…IJF会長が狙う「ジャパンマネー」

 不祥事に揺れた日本柔道が今年最後の国際大会で面目を保った。
 日本で唯一、行われる国際大会のグランドスラム(GS)東京が29日に開幕。初日は男女5階級が行われ、今年の世界選手権金メダルの男子60キロ級・高藤直寿(20)らが大会連覇を果たすなど日本勢は全5階級を制覇する好スタートを切った。

 女子48キロ級では女子高生の近藤亜美(18=愛知・大成高)が、ロンドン五輪金メダリストのサラ・メネゼス(ブラジル)、世界選手権優勝のムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)を相次いで撃破するなど新鋭も現れた。

 日本勢の活躍に国際柔道連盟(IJF)は胸をなで下ろしていることだろう。11月29日には今年のスポーツ界であらためて存在感をアピールしたIJFのマリウス・ビゼール会長が来日。開催中の国際大会であるグランドスラム東京の視察の他、全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹前会長辞任後に冷え切った関係を改善するため、宗岡正二新会長への表敬訪問が主な目的といわれるが、真の狙いはもちろん別にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る