柔道GS好発進の裏で…IJF会長が狙う「ジャパンマネー」

公開日:  更新日:

 不祥事に揺れた日本柔道が今年最後の国際大会で面目を保った。
 日本で唯一、行われる国際大会のグランドスラム(GS)東京が29日に開幕。初日は男女5階級が行われ、今年の世界選手権金メダルの男子60キロ級・高藤直寿(20)らが大会連覇を果たすなど日本勢は全5階級を制覇する好スタートを切った。

 女子48キロ級では女子高生の近藤亜美(18=愛知・大成高)が、ロンドン五輪金メダリストのサラ・メネゼス(ブラジル)、世界選手権優勝のムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)を相次いで撃破するなど新鋭も現れた。

 日本勢の活躍に国際柔道連盟(IJF)は胸をなで下ろしていることだろう。11月29日には今年のスポーツ界であらためて存在感をアピールしたIJFのマリウス・ビゼール会長が来日。開催中の国際大会であるグランドスラム東京の視察の他、全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹前会長辞任後に冷え切った関係を改善するため、宗岡正二新会長への表敬訪問が主な目的といわれるが、真の狙いはもちろん別にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る