柔道GS好発進の裏で…IJF会長が狙う「ジャパンマネー」

公開日:  更新日:

 不祥事に揺れた日本柔道が今年最後の国際大会で面目を保った。
 日本で唯一、行われる国際大会のグランドスラム(GS)東京が29日に開幕。初日は男女5階級が行われ、今年の世界選手権金メダルの男子60キロ級・高藤直寿(20)らが大会連覇を果たすなど日本勢は全5階級を制覇する好スタートを切った。

 女子48キロ級では女子高生の近藤亜美(18=愛知・大成高)が、ロンドン五輪金メダリストのサラ・メネゼス(ブラジル)、世界選手権優勝のムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)を相次いで撃破するなど新鋭も現れた。

 日本勢の活躍に国際柔道連盟(IJF)は胸をなで下ろしていることだろう。11月29日には今年のスポーツ界であらためて存在感をアピールしたIJFのマリウス・ビゼール会長が来日。開催中の国際大会であるグランドスラム東京の視察の他、全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹前会長辞任後に冷え切った関係を改善するため、宗岡正二新会長への表敬訪問が主な目的といわれるが、真の狙いはもちろん別にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る