呉昇桓を「2年9億円」で獲った阪神のソロバン勘定

公開日: 更新日:

 それにしてもバカ高い契約だ。
 阪神は守護神として獲得した韓国の呉昇桓(オスンフアン)(31)に、2年総額8億5000万円もの資金を投入する。

 内訳は、契約金2億円、年俸が3億円、サムスンに支払う移籍金が5000万円。さらに5000万円の出来高契約がついているというから、2年で最大9億円もの投資になる。

 呉が在籍していたサムスンは資金の潤沢な球団だ。当初は1億とも2億円ともいわれていた移籍金を「5000万円でいい」と遠慮して、その分を呉の契約金に上乗せさせたという。

 阪神がこれだけのカネを出したのは韓国での実績の他、中村GMなど球団関係者が何度も渡韓し、「抑えとしては藤川と同等かそれ以上」と判断したからだ。

 最速157キロの直球とスライダーを武器に歴代最多の277セーブをマーク。一部スポーツ紙は「50セーブする」などと絶賛。ペナント奪回のカギを握る右腕であることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る