• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天マー君 移籍問題の長期化は「円安待ち?」の怪情報

 17日の球団との話し合いで「メジャー挑戦」を直訴した楽天・田中将大(25)の去就がまだ決まらない。

 楽天は田中との直接会談後、立花球団社長が「私ひとりで決断することではないので預からせてほしい」としながらも、結論に関しては「そんなに長くはならない」と話していた。ところが、その言葉とは裏腹に決断は持ち越されているのである。

 この背景には、入札金に上限(2000万ドル)が設定されたことに対する楽天の不満が大きいといわれるが、経済界ではカネにシビアな楽天らしい「理由」も囁かれているという。「為替相場」で少しでも利益を増やそうとしているのでは、という怪情報だ。

 ある経済担当記者がこう言った。
「すでに日米で合意したポスティングシステムでは入札上限が2000万ドルと決まっているが、為替相場が円安に振れれば、楽天に入る日本円は実質増える。年末には今以上に円安になるとみられている。球団はこの利益をもくろみ、結論を先送りしているのではないかと噂されているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る