楽天マー君 移籍問題の長期化は「円安待ち?」の怪情報

公開日: 更新日:

 17日の球団との話し合いで「メジャー挑戦」を直訴した楽天・田中将大(25)の去就がまだ決まらない。

 楽天は田中との直接会談後、立花球団社長が「私ひとりで決断することではないので預からせてほしい」としながらも、結論に関しては「そんなに長くはならない」と話していた。ところが、その言葉とは裏腹に決断は持ち越されているのである。

 この背景には、入札金に上限(2000万ドル)が設定されたことに対する楽天の不満が大きいといわれるが、経済界ではカネにシビアな楽天らしい「理由」も囁かれているという。「為替相場」で少しでも利益を増やそうとしているのでは、という怪情報だ。

 ある経済担当記者がこう言った。
「すでに日米で合意したポスティングシステムでは入札上限が2000万ドルと決まっているが、為替相場が円安に振れれば、楽天に入る日本円は実質増える。年末には今以上に円安になるとみられている。球団はこの利益をもくろみ、結論を先送りしているのではないかと噂されているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る