• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕ナインも決定済み…誰も信じない原監督の「レギュラー白紙」発言

 巨人の原辰徳監督(55)が盛んに「白紙」を強調している。来季の構想のことだ。しかも今回は全ポジションだというから珍しい。これまでは、阿部、村田、長野、坂本の4人を「枢軸」と呼び、それ以外が「横一線」と言ってきた。

 が、このオフ、FAで投手の大竹と二塁手の片岡を、中日から片岡とポジションがかぶる井端を獲得した。ここ数年、固定できなかった二塁のピースが埋まり、内野陣はガッチリ固まった。レギュラーが決まっているのだから、実際は競争なんてほとんどない。巨人とのFA交渉の際、片岡は「『セカンドを空けて待っている』と言っていただいた」とうれしそうに話していた。これが実情なのだ。

 本当に「白紙」なのは長野を除く外野の2枠。といっても、ここも新外国人選手の補強に動いている最中。もし加入すれば残りはわずか1枠だ。


■菅野は「阪神を意識していく」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る