開幕ナインも決定済み…誰も信じない原監督の「レギュラー白紙」発言

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(55)が盛んに「白紙」を強調している。来季の構想のことだ。しかも今回は全ポジションだというから珍しい。これまでは、阿部、村田、長野、坂本の4人を「枢軸」と呼び、それ以外が「横一線」と言ってきた。

 が、このオフ、FAで投手の大竹と二塁手の片岡を、中日から片岡とポジションがかぶる井端を獲得した。ここ数年、固定できなかった二塁のピースが埋まり、内野陣はガッチリ固まった。レギュラーが決まっているのだから、実際は競争なんてほとんどない。巨人とのFA交渉の際、片岡は「『セカンドを空けて待っている』と言っていただいた」とうれしそうに話していた。これが実情なのだ。

 本当に「白紙」なのは長野を除く外野の2枠。といっても、ここも新外国人選手の補強に動いている最中。もし加入すれば残りはわずか1枠だ。


■菅野は「阪神を意識していく」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る