開幕ナインも決定済み…誰も信じない原監督の「レギュラー白紙」発言

公開日:  更新日:

 巨人の原辰徳監督(55)が盛んに「白紙」を強調している。来季の構想のことだ。しかも今回は全ポジションだというから珍しい。これまでは、阿部、村田、長野、坂本の4人を「枢軸」と呼び、それ以外が「横一線」と言ってきた。

 が、このオフ、FAで投手の大竹と二塁手の片岡を、中日から片岡とポジションがかぶる井端を獲得した。ここ数年、固定できなかった二塁のピースが埋まり、内野陣はガッチリ固まった。レギュラーが決まっているのだから、実際は競争なんてほとんどない。巨人とのFA交渉の際、片岡は「『セカンドを空けて待っている』と言っていただいた」とうれしそうに話していた。これが実情なのだ。

 本当に「白紙」なのは長野を除く外野の2枠。といっても、ここも新外国人選手の補強に動いている最中。もし加入すれば残りはわずか1枠だ。


■菅野は「阪神を意識していく」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る