本番が心配…浅田真央の「らしさ」が出るのはエキシビション

公開日: 更新日:

 重圧のない中でのびのびと滑る姿は見ている方も気が楽だ。

 今季は代名詞のトリプルアクセルに何度チャレンジしても失敗つづきの浅田真央。ジャンプを跳ぶ前は見ている方が緊張で体が硬くなる。エキシビションで見せた愛らしい演技こそ、「浅田らしさ」を最もアピールできるというのも不満が残る。

 アンコールで滑った、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」は今季のフリーのプログラム。
「バンクーバーでは自分の演技に納得できず悔しい思いをしました。ソチでは悔しさを返せるように頑張ります」と言った真央ちゃん。「バンクーバーの上を行く」、つまりは金メダル取りを誓ったものの、今回もキム・ヨナにはかなわないんじゃないかと、ちょっぴり不安だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る