日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SP首位・浅田真央が挑むキム・ヨナ潰しの“大ギャンブル”

 演技を終えた直後の笑顔が状態の良さを表していた。
 女子フィギュアスケートの浅田真央(23)は5日、グランプリファイナル(福岡)のショートプログラム(SP)で首位に立った。

「トリプルアクセル(3回転半)がきれいに跳べたのは今シーズン初めてだったのでうれしい。<よし>と思った。3年間スケートを見直してきたことが身になっている」

 力強くこう語った浅田は今季を「フィギュア人生の集大成」と位置づけ、ソチ五輪を最後に引退すると決めている。今大会で3位以内に入れば五輪代表はほぼ確定。本人もすでに五輪を念頭に置き、この大会からフリーで高難度のトリプルアクセルを2回跳ぶ構成に変えた。SPを含めてトリプルアクセルを3度入れるのはバンクーバー五輪シーズン以来だ。

 あるフィギュア関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事