SP首位・浅田真央が挑むキム・ヨナ潰しの“大ギャンブル”

公開日: 更新日:

 演技を終えた直後の笑顔が状態の良さを表していた。
 女子フィギュアスケートの浅田真央(23)は5日、グランプリファイナル(福岡)のショートプログラム(SP)で首位に立った。

「トリプルアクセル(3回転半)がきれいに跳べたのは今シーズン初めてだったのでうれしい。<よし>と思った。3年間スケートを見直してきたことが身になっている」

 力強くこう語った浅田は今季を「フィギュア人生の集大成」と位置づけ、ソチ五輪を最後に引退すると決めている。今大会で3位以内に入れば五輪代表はほぼ確定。本人もすでに五輪を念頭に置き、この大会からフリーで高難度のトリプルアクセルを2回跳ぶ構成に変えた。SPを含めてトリプルアクセルを3度入れるのはバンクーバー五輪シーズン以来だ。

 あるフィギュア関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  5. 5

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  8. 8

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  9. 9

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る