メジャー初心者でもわかる マー君「移籍先候補球団」徹底ガイド

公開日: 更新日:

【表の見方】
(1)オーナー
(2)監督
(3)本拠地球場
(4)主力選手
(5)主な日本人選手
(6)過去5年間の成績
(7)2013年開幕時の総 年俸と全30球団中順位

■ヤンキースの指揮官は日本にシビア

(1)ハル・スタインブレナー(44)/名門ヤンキースを築いた故ジョージ・スタインブレナーの次男。08年に兄のハンクと共同オーナーに就任した。「カネも口も出す」独裁オーナーだったジョージと比べ、ハルは高校の同級生だったキャッシュマンGMに信頼を寄せている。が、あのイチローが実質1年で見切りをつけられたように生存競争の厳しさは全米一。

(2)ジョー・ジラルディ(49)/元ヤンキース捕手。06年マーリンズ監督を経て、08年にヤンキース監督就任。松井秀喜を重用した「親日派」で情に厚いトーリ前監督に比べ、データ、実力を重視。「日本人にはシビア」という声も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る