阪神・和田監督の原点…正月休みに蘇った中学時代の思い出

公開日:  更新日:

 今では信じられない話である。

 今年が契約最終年となる和田監督(51)。例年は年末年始も忙しいが、このオフは久々に千葉の実家に戻り、のんびりくつろいだという。その際、数十年ぶりに母校の中学に寄ったそうだ。

 和田監督の卒業した千葉県松戸市の常盤平中は野球の強豪校だ。後輩たちは関東大会に何度も駒を進め、全国大会で3位になった実績もある。

 OBは習志野や市立船橋、修徳(東京)などに進み甲子園に出場した選手も多い。75年夏の甲子園大会、習志野が小川投手(現ヤクルト監督)を擁して優勝したときも決勝戦でサヨナラヒットを打ったのは同中学のOBだった。

 和田監督が中学時代、野球部の監督は大学を出て間もない若い指導者だった。この監督は短気な性格で常識外の鉄拳指導で選手をビシビシ鍛えた。特にひどかったのが、県大会1回戦負けで終わった和田監督の1つ上の先輩たちだった。あるOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る