巨人の若手内野手 みんな“外野へコンバート”の戦々恐々

公開日: 更新日:

 巨人は20日、春季宮崎キャンプの一、二軍メンバーを発表した。
 新戦力の大竹、片岡、井端、ドラフト1位ルーキー小林(日本生命)が順当に一軍スタートとなったのとは対照的に、昨季、二塁でブレークした中井大介(24)は二軍スタート。しかも、外野に転向することが決まっている。

 川相ヘッドコーチは先週のスタッフ会議終了後、「監督の考え。チームバランスを考えて、まずは外野でということ。二塁は細かい動きがあるし、(故障明けの)足の負担を減らす意味でもね」と理由を説明していた。

 中井は昨季、プロ入り最多の48試合に出場し、4本塁打、17打点、打率.324。負担を減らし打撃力を生かすため、と言えば聞こえはいいが、要するに、このオフに加入した二遊間の片岡と井端の補強組に外野へはじき出された格好だ。

 原監督は毎年この時期になると、同じく二軍スタートとなった08年のドラ1大田泰示(23)と中井を将来の「4番・三塁」候補として競わせてきた。そんな時代も今は昔。大田も数年前、守備に難があった内野から外野へコンバートされたものの、中軸どころか一軍に定着すらできていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る