• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人の若手内野手 みんな“外野へコンバート”の戦々恐々

 巨人は20日、春季宮崎キャンプの一、二軍メンバーを発表した。
 新戦力の大竹、片岡、井端、ドラフト1位ルーキー小林(日本生命)が順当に一軍スタートとなったのとは対照的に、昨季、二塁でブレークした中井大介(24)は二軍スタート。しかも、外野に転向することが決まっている。

 川相ヘッドコーチは先週のスタッフ会議終了後、「監督の考え。チームバランスを考えて、まずは外野でということ。二塁は細かい動きがあるし、(故障明けの)足の負担を減らす意味でもね」と理由を説明していた。

 中井は昨季、プロ入り最多の48試合に出場し、4本塁打、17打点、打率.324。負担を減らし打撃力を生かすため、と言えば聞こえはいいが、要するに、このオフに加入した二遊間の片岡と井端の補強組に外野へはじき出された格好だ。

 原監督は毎年この時期になると、同じく二軍スタートとなった08年のドラ1大田泰示(23)と中井を将来の「4番・三塁」候補として競わせてきた。そんな時代も今は昔。大田も数年前、守備に難があった内野から外野へコンバートされたものの、中軸どころか一軍に定着すらできていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る