• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人「開幕投手」争い 菅野と内海の気になるハイペース調整

 昨季13勝でチーム勝ち頭となった巨人の開幕投手候補が飛ばしている。
 菅野智之(24)が26日、ジャイアンツ球場のブルペンで50球を投げ込んだ。23日にはドラフト1位ルーキーの小林(日本生命)とバッテリーを組むなど、1日置きのペースでブルペン投球を行っている。

 一軍メンバーは27日に宮崎入りし、合同自主トレをスタート。菅野は「キャンプの第1、第2クールが大切」と初日から全開宣言である。

 同じく13勝のエース内海も、WBCがあった昨年同様のハイペースで調整。開幕投手を「もちろん狙う」と話している。原監督は「開幕投手を多くの人が狙っていくチームの方がありがたい。たくさんの人でチームを引っ張ることが大きな力になる。決まるのは3月15日過ぎになるだろう。2月1日から一日一日が進んでいって結果としてという形になる」と競争をあおっているものの、チーム内では「監督は菅野に決めているでしょ」という見方が大半。菅野もそれは承知している。だから、今から飛ばして内海を納得させる必要があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る