母校で“血縁対談” 甥の菅野を絶句させた原監督の禁断質問

公開日: 更新日:

 原辰徳監督(55)と菅野智之(24)が8日、2人の母校でもある東海大で公開セミナーを行った。

 原監督は、「13年のシーズンは勢いがあったが、日本シリーズの3勝4敗で止まった。14年は一丸となって勢いを取り戻す」と話し、菅野は、「直球に磨きをかける」と抱負を語った。

 2人は言わずと知れた伯父、甥の関係。司会者に「監督と選手、正直難しいところはなかったか?」と聞かれた原監督は、「ボクは全くなかった。巨人の監督と、1年目からローテーションを守る(投手)。これはなかなか自分でやりたくてもやれるポジションではない。逆に楽しいわけですよ。プロは弱肉強食。そういう意味では気を使わせないいい甥だった。当然、五分五分の力なら私は彼をローテーションから外すでしょう。ただ、(菅野は)プロとしての力を持ち合わせていた」とケロリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る