「顔つきが変わった」の声も 本田にのしかかる「ミラン10番」の重圧

公開日: 更新日:

「相当にムリしているようですね。名門ミランの背番号10として神経の休まる日がなく、メンタル的にもヘトヘトなんでしょう。周囲の誰もが<目の下のクマはヤバイよね。深い皺(しわ)もクッキリと入り、随分と老け込んだ印象を与える>と話しています」

 本田圭佑をよく知るサッカー関係者がこう語る。

 1月12日のサッスオーロ戦から1日のトリノ戦まで、「21日間で6試合」の強行日程。「本田の形相が変わった」と言われるようになったのが、1月26日のカリアリ戦だ。

 先発して試合終盤に右CKから決勝ゴールをアシストしたが、フル出場90分を通して運動量も少なく、単純なミスも多かった。目の周りは落ち込み、頬はゲッソリ。あるサッカージャーナリストなどは、「住む家は決まらず、ずっとホテル暮らし。気晴らしにミラノ市内を散歩するわけにもいかず、かなりストレスをためている」と心配したものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る