「顔つきが変わった」の声も 本田にのしかかる「ミラン10番」の重圧

公開日:  更新日:

「相当にムリしているようですね。名門ミランの背番号10として神経の休まる日がなく、メンタル的にもヘトヘトなんでしょう。周囲の誰もが<目の下のクマはヤバイよね。深い皺(しわ)もクッキリと入り、随分と老け込んだ印象を与える>と話しています」

 本田圭佑をよく知るサッカー関係者がこう語る。

 1月12日のサッスオーロ戦から1日のトリノ戦まで、「21日間で6試合」の強行日程。「本田の形相が変わった」と言われるようになったのが、1月26日のカリアリ戦だ。

 先発して試合終盤に右CKから決勝ゴールをアシストしたが、フル出場90分を通して運動量も少なく、単純なミスも多かった。目の周りは落ち込み、頬はゲッソリ。あるサッカージャーナリストなどは、「住む家は決まらず、ずっとホテル暮らし。気晴らしにミラノ市内を散歩するわけにもいかず、かなりストレスをためている」と心配したものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る