暴力、セクハラ、内粉…韓国「ショートトラック王国」崩壊

公開日: 更新日:

「ショートトラック王国」と呼ばれた韓国がグジャグジャだ。冬季五輪で韓国が獲得した金メダル総数は23個。そのうち19個がショートトラックなのだ。

 国別で見るとバンクーバー大会までの6大会で、金19個の韓国(ショートトラックメダル総数37個)は断然のトップ。次いでカナダ7個(同25個)、中国7個(同24個)となるのだが、今大会は10日の男子1500メートルはメダルなしに終わり、13日の女子500メートルも朴勝羲の銅メダルだけ。

 元代表選手が各国から招聘されて選手育成に携わり、韓国選手の弱体化が進んだという声がある。

 その一方で、セクハラや「韓国式訓育」といった殴る蹴るの暴力が表面に出て選手の指導者への不信感が募っている。

「ソチ開幕まで1カ月に迫った1月9日に、大韓スケート連盟がショートトラックの代表コーチをセクハラを理由に追放したという報道がありました。女性選手を自宅に呼んで、胸を触ったり、キスした疑いがあるというのですが、セクハラ事件があったのは2012年夏。すぐに問題になったにもかかわらず、このセクハラコーチは何ら処分を受けず13年から代表コーチに就任していた。解任劇がソチ直前だったため、連盟が臭い物にフタをしたのではないかとの見方もあるが、“事件”が明るみになって立て直しが図られていない」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る