暴力、セクハラ、内粉…韓国「ショートトラック王国」崩壊

公開日:  更新日:

「ショートトラック王国」と呼ばれた韓国がグジャグジャだ。冬季五輪で韓国が獲得した金メダル総数は23個。そのうち19個がショートトラックなのだ。

 国別で見るとバンクーバー大会までの6大会で、金19個の韓国(ショートトラックメダル総数37個)は断然のトップ。次いでカナダ7個(同25個)、中国7個(同24個)となるのだが、今大会は10日の男子1500メートルはメダルなしに終わり、13日の女子500メートルも朴勝羲の銅メダルだけ。

 元代表選手が各国から招聘されて選手育成に携わり、韓国選手の弱体化が進んだという声がある。

 その一方で、セクハラや「韓国式訓育」といった殴る蹴るの暴力が表面に出て選手の指導者への不信感が募っている。

「ソチ開幕まで1カ月に迫った1月9日に、大韓スケート連盟がショートトラックの代表コーチをセクハラを理由に追放したという報道がありました。女性選手を自宅に呼んで、胸を触ったり、キスした疑いがあるというのですが、セクハラ事件があったのは2012年夏。すぐに問題になったにもかかわらず、このセクハラコーチは何ら処分を受けず13年から代表コーチに就任していた。解任劇がソチ直前だったため、連盟が臭い物にフタをしたのではないかとの見方もあるが、“事件”が明るみになって立て直しが図られていない」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る