真央だけじゃない…選手の集中削いだスポーツマスコミの重圧

公開日: 更新日:

 煽るだけ煽っておいて負けたら手のひら返しは、日本のスポーツマスコミの常だが、ソチ五輪でも同様だった。

 女子フィギュアSPで16位となった真央も例外ではない。「金へ跳ぶ真央」などと優勝は確実みたいな扱いをしながら、SPで16位になると「まさかのミス連発」ときた。浅田は暮れの日本選手権で3位。ソチ五輪の団体戦SPでも今回同様、いきなりトリプルアクセルで転倒して3位。64.07と今季ワーストの採点をされている。

 浅田は「リンクに乗った瞬間に気持ちがコントロールできなくなった」と漏らしたように、精神面での不安を抱えていた。加えて短い期間にソチとアルメニアを往復。その肉体的負担も当然考えられた。

 ところがスポーツマスコミは、そうしたこともまったく無視。「母と跳ぶ」などとお涙頂戴のストーリーまで仕立てて、「金だ」「メダルだ」と煽っていたのである。演技に集中させるどころか、足を引っ張っていたといっても過言ではあるまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る