日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キャンプ実戦で11打数1安打…片岡に早くも“巨人の洗礼”

 西武からFA移籍した片岡治大(31)が“洗礼”を浴びている。

 ここまでのキャンプの実戦で、11打数1安打の打率.091。古巣の西武時代なら、“まだ、調整中”と話題にもならなかったろうが、このチームではそうはいかない。

「打つだけじゃなく、守りでも走りでも存在感が出ていないよね。巨大戦力に埋没しちゃってる」と、他球団スコアラーにバッサリやられ、スポーツ紙でも評論家に「怠慢プレー」「お粗末」とコラムで酷評された。

 片岡は巨人入団の際、「すごくプレッシャーのかかるチーム」と言っていた。そこへ、あえて飛び込むことが自分への刺激になる、とばかりに表情を引き締めていたものの、開幕どころか、オープン戦が始まる前から、俎上(そじよう)に載せられるとは思っていなかっただろう。

 1番・坂本、2番・片岡で出場したさる16日の練習試合で3タコに終わると、原監督にも「きょうのようでは話にならない」と切り捨てられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事