キャンプ実戦で11打数1安打…片岡に早くも“巨人の洗礼”

公開日: 更新日:

 西武からFA移籍した片岡治大(31)が“洗礼”を浴びている。

 ここまでのキャンプの実戦で、11打数1安打の打率.091。古巣の西武時代なら、“まだ、調整中”と話題にもならなかったろうが、このチームではそうはいかない。

「打つだけじゃなく、守りでも走りでも存在感が出ていないよね。巨大戦力に埋没しちゃってる」と、他球団スコアラーにバッサリやられ、スポーツ紙でも評論家に「怠慢プレー」「お粗末」とコラムで酷評された。

 片岡は巨人入団の際、「すごくプレッシャーのかかるチーム」と言っていた。そこへ、あえて飛び込むことが自分への刺激になる、とばかりに表情を引き締めていたものの、開幕どころか、オープン戦が始まる前から、俎上(そじよう)に載せられるとは思っていなかっただろう。

 1番・坂本、2番・片岡で出場したさる16日の練習試合で3タコに終わると、原監督にも「きょうのようでは話にならない」と切り捨てられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る