カブスとマイナー契約 和田「メジャー初マウンド」の現実味

公開日:  更新日:

 メジャーでの登板がなかったベテラン左腕の所属先がようやく決まった。

 藤川球児が所属するカブスは19日(日本時間20日)、今オフ、オリオールズとの2年契約が満了した和田毅投手(32)とマイナー契約を交わしたと発表した。

 和田は12年にソフトバンクからFAでオリオールズに入団。中日から移籍のチェンとともに先発として期待されながら、1年目の5月に左ひじを手術。今季中の昇格も検討されたが、メジャーでの登板がないままシーズンを終えた。今季は傘下の3Aで19試合に先発して5勝6敗、防御率4.03だった。

 来年2月のキャンプには招待選手として参加し、メジャー生き残りをかけるが、和田には十分チャンスはある。

 カブスは今季途中に主力投手を相次いで放出したこともあり、先発投手は手薄。来季、先発ローテーション入りするのは実績のない投手ばかりだからだ。オープン戦では先発5番手の座を争うものの、和田が開幕をメジャーで迎える可能性は十分にある。

 来季が渡米3年目の和田はカブスの本拠地リグレーフィールドでメジャー初マウンドに上がるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る