• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メッツとマイナー契約の松坂 初登板は2回1失点無四球

 ベンチの中でスパイクのヒモを結び直しているのはメッツとマイナー契約を結んだ松坂大輔(33)。2日(日本時間3日)のカージナルス戦に先発する前のひとコマだ。

 結果は先発して2回を投げ、2安打1失点無四球。適時打で1点を失ったものの、ストレートの最速は148キロ。四球をひとつも許さなかったのだから制球も合格点だろう。

 「自分の状態がどのあたりか確認できた。スライダー以外はよかったと思う」と本人は満足げ。

 メッツの先発5番手を争っていて、コリンズ監督の評価も高い。今後も実戦で結果を出し続けていくようなら、ローテーション投手に定着するに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る