W杯総合連覇、日本人最多…それでも沙羅は儲からない

公開日:  更新日:

 どれだけ白星を積み重ねても報われない。女子ジャンプの高梨沙羅(17)のことである。

 すでにW杯個人総合連覇を果たした高梨は2日(日本時間3日未明)、第15戦のルーマニア・ルシュノブ大会で今季12勝目をマーク。通算21勝目となり、スキーW杯の日本勢ではノルディック複合の荻原健司を抜いて単独最多となった。

 W杯での勢いは止まりそうにないが、その活躍が必ずしも「カネ」には結びつかない。国際スキー連盟(FIS)の賞金ランキング(2日現在)によれば、ここまで高梨は5万100スイスフラン(約580万円)でトップ。今季4戦を残し、2位のダニエラ・イラシュコ(約296万円=オーストリア)に大差をつけているものの、優勝賞金の平均額はわずか30万円ほどだ。全日本スキー連盟の特別強化選手の特Aに指定され強化費には事欠かないものの、1勝しただけでは遠征費すら賄えないのが現状なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る