W杯総合連覇、日本人最多…それでも沙羅は儲からない

公開日:  更新日:

 どれだけ白星を積み重ねても報われない。女子ジャンプの高梨沙羅(17)のことである。

 すでにW杯個人総合連覇を果たした高梨は2日(日本時間3日未明)、第15戦のルーマニア・ルシュノブ大会で今季12勝目をマーク。通算21勝目となり、スキーW杯の日本勢ではノルディック複合の荻原健司を抜いて単独最多となった。

 W杯での勢いは止まりそうにないが、その活躍が必ずしも「カネ」には結びつかない。国際スキー連盟(FIS)の賞金ランキング(2日現在)によれば、ここまで高梨は5万100スイスフラン(約580万円)でトップ。今季4戦を残し、2位のダニエラ・イラシュコ(約296万円=オーストリア)に大差をつけているものの、優勝賞金の平均額はわずか30万円ほどだ。全日本スキー連盟の特別強化選手の特Aに指定され強化費には事欠かないものの、1勝しただけでは遠征費すら賄えないのが現状なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る