• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯総合連覇、日本人最多…それでも沙羅は儲からない

 どれだけ白星を積み重ねても報われない。女子ジャンプの高梨沙羅(17)のことである。

 すでにW杯個人総合連覇を果たした高梨は2日(日本時間3日未明)、第15戦のルーマニア・ルシュノブ大会で今季12勝目をマーク。通算21勝目となり、スキーW杯の日本勢ではノルディック複合の荻原健司を抜いて単独最多となった。

 W杯での勢いは止まりそうにないが、その活躍が必ずしも「カネ」には結びつかない。国際スキー連盟(FIS)の賞金ランキング(2日現在)によれば、ここまで高梨は5万100スイスフラン(約580万円)でトップ。今季4戦を残し、2位のダニエラ・イラシュコ(約296万円=オーストリア)に大差をつけているものの、優勝賞金の平均額はわずか30万円ほどだ。全日本スキー連盟の特別強化選手の特Aに指定され強化費には事欠かないものの、1勝しただけでは遠征費すら賄えないのが現状なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る