また完封負け 阪神に必要な不可解助っ人ゴメスへの荒療治

公開日: 更新日:

 またもゼロ行進だ。
 阪神は5日のソフトバンク戦で2試合連続の完封負けを喫した。この日もほぼベストメンバーで臨んだというのにたったの2安打だ。一線級の投手が相手になると途端にバットが湿るのは昨季と同じ。今季も得点力不足に苦しむのは必至だ。

 ここで存在がクローズアップされるのが、いまだ実戦出場はゼロで、不可解な行動ばかり目立つ新助っ人のゴメス(29)だ。貧打解消の切り札として獲得した「開幕4番候補」だが、夫人の出産等でキャンプ合流が遅れると、出場予定だったシート打撃、練習試合を立て続けにドタキャン。その後は「足が張った」とか「右ひざが痛い」などと言って、実戦に出ない。和田監督も「そこらへんには出てこないと」と、15日のDeNA戦(横浜)からの復帰を、開幕4番起用のリミットに設定した。

 光明はちょっと見えてきた。この日、右ひざの検査を行い、異常なしと判明。15日からの試合出場が現実味を帯びてきた。少ない実戦経験で開幕を迎えるため、バカスカ打つ保証はない。それでもファンからすれば、この2試合の貧打ぶりを見せられたらもう、「ゴメスに頼るしかない」とさえ思えてくるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る