また完封負け 阪神に必要な不可解助っ人ゴメスへの荒療治

公開日: 更新日:

 またもゼロ行進だ。
 阪神は5日のソフトバンク戦で2試合連続の完封負けを喫した。この日もほぼベストメンバーで臨んだというのにたったの2安打だ。一線級の投手が相手になると途端にバットが湿るのは昨季と同じ。今季も得点力不足に苦しむのは必至だ。

 ここで存在がクローズアップされるのが、いまだ実戦出場はゼロで、不可解な行動ばかり目立つ新助っ人のゴメス(29)だ。貧打解消の切り札として獲得した「開幕4番候補」だが、夫人の出産等でキャンプ合流が遅れると、出場予定だったシート打撃、練習試合を立て続けにドタキャン。その後は「足が張った」とか「右ひざが痛い」などと言って、実戦に出ない。和田監督も「そこらへんには出てこないと」と、15日のDeNA戦(横浜)からの復帰を、開幕4番起用のリミットに設定した。

 光明はちょっと見えてきた。この日、右ひざの検査を行い、異常なしと判明。15日からの試合出場が現実味を帯びてきた。少ない実戦経験で開幕を迎えるため、バカスカ打つ保証はない。それでもファンからすれば、この2試合の貧打ぶりを見せられたらもう、「ゴメスに頼るしかない」とさえ思えてくるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る