ロンドン五輪ボクシング「銅」 清水聡のファイトマネーは?

公開日:  更新日:

 金メダルの村田諒太(28)に次いでロンドン五輪のメダリストから2人目のプロボクサーが誕生した。

 5日、日本ボクシング連盟の山根明会長が大阪市内で会見し、バンタム級銅メダリストの清水聡(27)が所属先の自衛隊を今月限りで退官すると発表。今後は、世界のアマチュア団体を統括する国際ボクシング協会(AIBA)が昨年に設立したプロ団体APB(AIBAプロフェッショナルボクシング)に参戦するという。

 AIBAは16年リオ五輪からプロ選手の参加を容認したが、WBA、WBCなどの既存のプロ団体ではなく、APB参加選手に限って出場資格を与えた。公務員のままではAPBに参戦できないため、清水は退官を決意したとみられる。

 AIBAでは10年から「ワールドシリーズ・オブ・ボクシング(WSB)」を主催するなど収益源を確保しているとはいえ、そもそもアマチュアの組織だ。他のプロ団体に比べれば資金が潤沢とはいえない。プロ契約する清水はどれぐらい儲かるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る