日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロンドン五輪ボクシング「銅」 清水聡のファイトマネーは?

 金メダルの村田諒太(28)に次いでロンドン五輪のメダリストから2人目のプロボクサーが誕生した。

 5日、日本ボクシング連盟の山根明会長が大阪市内で会見し、バンタム級銅メダリストの清水聡(27)が所属先の自衛隊を今月限りで退官すると発表。今後は、世界のアマチュア団体を統括する国際ボクシング協会(AIBA)が昨年に設立したプロ団体APB(AIBAプロフェッショナルボクシング)に参戦するという。

 AIBAは16年リオ五輪からプロ選手の参加を容認したが、WBA、WBCなどの既存のプロ団体ではなく、APB参加選手に限って出場資格を与えた。公務員のままではAPBに参戦できないため、清水は退官を決意したとみられる。

 AIBAでは10年から「ワールドシリーズ・オブ・ボクシング(WSB)」を主催するなど収益源を確保しているとはいえ、そもそもアマチュアの組織だ。他のプロ団体に比べれば資金が潤沢とはいえない。プロ契約する清水はどれぐらい儲かるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事