J浦和を悩ます 無観客試合の損失とサポーターの不満噴出

公開日: 更新日:

 人種差別横断幕事件で処罰を受けた浦和は、今回の騒動でどの程度の損失をこうむるのか?

 無観客試合(23日の清水戦)で入場料収入分の利益約1億円がフイになり、グッズ販売店や飲食店閉鎖で売り上げ約2000万円の損失。営業場内看板掲出スポンサーへの違約金が約5000万円といわれている。あとバカにならないのが、清水戦の警備費用だ。

「当日、浦和のサポーター集団が《スタジアム周辺を埋め尽くし、ピッチの選手に届くように応援しよう》と意気込んでおり、試合前から3万人前後のサポーターが集結するともっぱら。通常の5倍程度の警備員を配する予定。この費用が1000万円。浦和の損失は計2億円といったところ」(サッカー記者)

 浦和は、混乱回避のために地元警察と《スタジアム周辺の公園など立ち入り禁止にすべきでは》と協議中。しかし、そうなったらなったでサポーター集団から「オレたちは無関係。スタジアムに近づくことも出来ないのか!」と不満噴出は火を見るよりも明らか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る