J浦和を悩ます 無観客試合の損失とサポーターの不満噴出

公開日:  更新日:

 人種差別横断幕事件で処罰を受けた浦和は、今回の騒動でどの程度の損失をこうむるのか?

 無観客試合(23日の清水戦)で入場料収入分の利益約1億円がフイになり、グッズ販売店や飲食店閉鎖で売り上げ約2000万円の損失。営業場内看板掲出スポンサーへの違約金が約5000万円といわれている。あとバカにならないのが、清水戦の警備費用だ。

「当日、浦和のサポーター集団が《スタジアム周辺を埋め尽くし、ピッチの選手に届くように応援しよう》と意気込んでおり、試合前から3万人前後のサポーターが集結するともっぱら。通常の5倍程度の警備員を配する予定。この費用が1000万円。浦和の損失は計2億円といったところ」(サッカー記者)

 浦和は、混乱回避のために地元警察と《スタジアム周辺の公園など立ち入り禁止にすべきでは》と協議中。しかし、そうなったらなったでサポーター集団から「オレたちは無関係。スタジアムに近づくことも出来ないのか!」と不満噴出は火を見るよりも明らか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る