日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

差別横断幕だけじゃない 問題続きだったJ浦和の過激サポ

 J1浦和のサポーター集団が「JAPANESE ONLY」(日本人以外はお断り)の横断幕を掲げた問題でJリーグは13日、浦和に「けん責」「無観客試合の開催(23日の清水戦)」の制裁を加えると発表した。

 コトの起こりは8日の鳥栖戦(埼玉スタジアム)の試合前。熱烈サポーターの多い「209ゲート」に問題の横断幕が掲げられ、一般サポーターが関係者に「人種差別。放置すべきではない」と要請した。

 しかし、浦和は試合終了まで撤去せず、「撤去までに時間がかかり、差別を容認したと受け止められるような対応があった」と全面的に非を認め、淵田社長の役員報酬自主返納、横断幕を掲げた男性らが所属するサポーター集団に無期限の活動停止、所属メンバー全員に無期限の入場禁止処分とした。

■10年前には差別発言で制裁金

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事