ドーム騒然…打順に“大なた”原監督の胸中とナインの憂うつ

公開日:  更新日:

「きょうのスタメンを見たらビックリしますよ」
 30日の試合前、チーム関係者が苦笑交じりにこう言っていた通り、球場アナウンスが流れるや、スタンドからはざわめきが起こった。

 前日の2戦目まで3番を打っていた長野が1番に上がり、7番のアンダーソンが3番、6番のロペスが5番に昇格。代わって5番の阿部が6番に降格し、1番の坂本はなんと7番にまで下げられたのだ。

 開幕3戦目でいきなり大なたを振るうように、原監督が打順を大幅に変更。これが17安打12得点と見事にはまり、「コンパクトに振ることができている。続けていくことが大事」と指揮官はご満悦だったが、対照的に坂本は「(何番でも)やることは一緒ですから」と硬い表情だった。

 巨人は開幕戦で12-4と大勝。球団史上初となる開幕戦での先発全員安打のオマケがつく、14安打と打ちまくった。3-5で敗れた2戦目も16安打。開幕カードで3試合計47安打と阪神投手陣をメッタメタにしながら、原監督はこうも言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る