• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドーム騒然…打順に“大なた”原監督の胸中とナインの憂うつ

「きょうのスタメンを見たらビックリしますよ」
 30日の試合前、チーム関係者が苦笑交じりにこう言っていた通り、球場アナウンスが流れるや、スタンドからはざわめきが起こった。

 前日の2戦目まで3番を打っていた長野が1番に上がり、7番のアンダーソンが3番、6番のロペスが5番に昇格。代わって5番の阿部が6番に降格し、1番の坂本はなんと7番にまで下げられたのだ。

 開幕3戦目でいきなり大なたを振るうように、原監督が打順を大幅に変更。これが17安打12得点と見事にはまり、「コンパクトに振ることができている。続けていくことが大事」と指揮官はご満悦だったが、対照的に坂本は「(何番でも)やることは一緒ですから」と硬い表情だった。

 巨人は開幕戦で12-4と大勝。球団史上初となる開幕戦での先発全員安打のオマケがつく、14安打と打ちまくった。3-5で敗れた2戦目も16安打。開幕カードで3試合計47安打と阪神投手陣をメッタメタにしながら、原監督はこうも言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る