巨人選手は萎縮も? ペナントを左右する原監督の“舌打ち”

公開日: 更新日:

 今年の巨人・原監督(55)はいつにも増して喜怒哀楽が激しい。
 特に負の感情を隠そうとせず、「だらしない選手が多すぎるね」と不甲斐ない若手をなじったかと思えば、不振が続く主力の坂本勇人も「いい成績を残したこともあったが、それだけに頼って期待していいのか」と一刀両断。選手を「ノーコメント」と突き放すことも少なくなかった。

 巨人は2年連続リーグ優勝。しかし、昨年は日本シリーズで楽天に敗れた。それを、「選手の勝負根性の差」とする指揮官は、オープン戦の段階から選手を精神的にも追い込み、半年以上先のポストシーズンに備えているというのだが……。

「監督の反応が気になってしょうがない、という声も選手から聞いた。試合後に厳しいコメントが出るのはまだいい。ただミスが出たり、気に食わないプレーをすると、試合中のベンチで両手を広げて天を仰いだり、舌打ちをしたりする。グラウンドに出ている選手は分からないが、ベンチに座っている選手は、いつその舌打ちが自分にもやられるかと思うと、気が気じゃないというのです」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る