ドルト完封も…レアルGKカシージャスはスペイン代表の足かせ

公開日:  更新日:

 スペインのレアル・マドリードがリベンジを果たした。欧州CL準々決勝第1レグ(日本時間3日午前3時45分キックオフ)。昨季CL準決勝で顔をあわせ、2試合合計3─4で苦杯をなめさせられたドイツのドルトムントを3─0で退け、準決勝進出を大きく手繰り寄せた。

 開始3分、いきなりFWベイルが先制弾。2―0で迎えた57分、千両役者FWのクリスティアーノ・ロナウドが、MFモドリッチからパスを受けると自身の右足からノーステップで左足にパスする「ダブルタッチ」の妙技を見せながらシュート。

 守っては主将GKカシージャスを中心とする堅守で、ドルトムント攻撃陣を無力化。余裕で準決勝進出当確だ。

■チームでは控えなのに代表では守護神

 ところが、完封勝利の立役者のひとり、GKカシージャスというのは、実は「非常に微妙な立ち位置にいる選手」(サッカーライター)というである。というのも、12年12月にケガで戦線離脱、レアルの正GKから外れて以来、国内リーグ戦は「ベンチ要員」、CLと国内カップ戦は「正GK」という、いびつな状態なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る