• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドルト完封も…レアルGKカシージャスはスペイン代表の足かせ

 スペインのレアル・マドリードがリベンジを果たした。欧州CL準々決勝第1レグ(日本時間3日午前3時45分キックオフ)。昨季CL準決勝で顔をあわせ、2試合合計3─4で苦杯をなめさせられたドイツのドルトムントを3─0で退け、準決勝進出を大きく手繰り寄せた。

 開始3分、いきなりFWベイルが先制弾。2―0で迎えた57分、千両役者FWのクリスティアーノ・ロナウドが、MFモドリッチからパスを受けると自身の右足からノーステップで左足にパスする「ダブルタッチ」の妙技を見せながらシュート。

 守っては主将GKカシージャスを中心とする堅守で、ドルトムント攻撃陣を無力化。余裕で準決勝進出当確だ。

■チームでは控えなのに代表では守護神

 ところが、完封勝利の立役者のひとり、GKカシージャスというのは、実は「非常に微妙な立ち位置にいる選手」(サッカーライター)というである。というのも、12年12月にケガで戦線離脱、レアルの正GKから外れて以来、国内リーグ戦は「ベンチ要員」、CLと国内カップ戦は「正GK」という、いびつな状態なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る