日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

やっぱり要警戒 W杯初戦の相手ドログバの“老獪”プレー

 日本時間27日早朝キックオフの欧州CL決勝トーナメント1回戦。出場4チームの中でトルコの強豪ガラタサライは見逃せない。というのもエースFWドログバ、右SBエブエの2人が「日本代表がW杯初戦で戦うコートジボワール代表の主軸選手」だからである。

 ガラタサライの相手はイングランドの名門チェルシー。かつて2度のプレミア得点王に輝いたドログバも3月11日には36歳を迎え、年齢的な衰えは明らか。

 チェルシーDFにドリブルを簡単に止められたり、味方からのラストパスをトラップミスしたり、一部で囁かれている「ドログバは終わった」ことを裏付けるようなプレーに終始した。

 ところが、単なる老いぼれではなくて「老獪」であることを後半19分に証明した。タイトなマークに遭いながらも左サイドをスリ抜け、最後は相手選手の足にボールを当ててCKをゲット。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事