日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミランがCL敗退…“汚名返上”チャンス遠ざかる本田の試練

 セリエAで10位に低迷するミランにとって「妥当な結果」と言うしかない。アトレチコ・マドリード(スペイン)との欧州CL決勝トーナメント1回戦第2レグを1―4で落とし、2試合合計1―5の大差をもって敗退が決まったのである。

 ミランは1トップにFWバロテッリ。2列目右からMFポーリ、新戦力MFターラブト、MFカカが並んだ。前所属CSKAモスクワで今季CLグループリーグに出場したMF本田圭佑は、規定によって出場できない。

 リーガ・エスパニョーラでレアル、バルサと三つ巴の優勝争いを展開中のAマドリードは、序盤から強烈プレッシングでミランを圧倒。開始3分に先制すると1―1で迎えた40分に突き放し、後半も26、40分と加点してミランの息の根を止めた。

 この欧州CL敗退で一番ショックを受けているのが、背番号10を背負いながら評価急落中の本田だろう。在欧サッカージャーナリストが「CL敗退が本田の首を絞めることになる」とさらに続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事